FC2ブログ
催眠術師REDの公式ブログです。
ツイートと関連する事で、ずいぶん昔のエピソードを書きます。
それは10年以上前の事。
ご縁あって、静岡県内西部のとある飲食店で、そのお店の女性スタッフに集団催眠をかけたときの事。
催眠誘導時にちょっとマナーのなっていないお客様がいらっしゃって、大きな声で「◯◯子ぉ〜おま◯こ見えてるぞ〜」とそれはもう、大きな声で騒ぎだしました。
勿論、普通の催眠ショーですから服なんか脱いでる訳ではなく、ただの野次なんですが当然一部の被験者は、不安や不快な気分になり深くかかる訳ありません。

催眠術に置いて初期誘導の大切さは、コンサートに置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。
待ちに待った大好きなアーティストのLIVE。
満を持してイントロと同時にステージにライトが。
その時、マナーのなっていないファンの1人が、ステージに乱入!わずか15秒で中断となったらどうでしょう?
乱入者は退場となり、最初から改めて仕切り直し。
最初の興奮は何処へやらです。
これは、催眠誘導も同様です。
誘導の真っ最中に邪魔されるのが1番困るのです。

もっとも集団催眠ショーは、何が何でもその場にいる全員に催眠をかける事を目的とする訳ではなく、かかりの浅い人を除いて被暗示性の高い人を選び、ショーを進行して行く事が趣旨ですから、催眠暗示がよく通る人を選べば良いわけで、ショー の成り立ちとしては大きな問題ありません。
しかし怖いのは、そのような本来あるべきで無い、不要な中断によって、かかりの浅い人が「私はかからなかった」と判断してしまう事。
かかっていないように見えても実はかかっているという事はよくある事。
当然本人も自覚はありません。これが大変怖いのです。
こういったマナーの無い茶々やヤジで催眠を楽しめなかった人が、自分はかからなかったからと、催眠の解除を行わずに帰ってしまうと、後々トラブルになりかねません。
これは、催眠を行う者であれば、アマチュアでも常識ですよね。
催眠の場という物は、お客様 被験者 催眠術師等 その場にいる人で楽しく作り上げていくものだと思っています。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 REDの催眠エクスタシー all rights reserved.
プロフィール

RED

Author:RED
催眠術師のREDです。
活動の詳細については、下記をご覧下さい。
ヒーリング・セラピー・催眠術講習会などはヒーリングスタジオJasmiN
http://jasmin.tokyo
催眠術ショーと楽しくちょっとHな催眠術の講習会は、催眠プロジェクト・イレブン公式HP
http://saimin-project-eleven.com/

催眠プロジェクト・イレブン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード